原子力政策について

広く国民の合意を形成するため、情報公開による原子力の透明性と安全性の確保、施策においては原子燃料サイクルの確立および廃棄物処理を含むバックエンド対策、国際的には核拡散防止など、官民一体となった体制のもとに計画的に取り組んでいます。

原子力の研究・開発・利用にあたっての政策

エネルギーの需給に関する政策の基本方針である「エネルギー政策基本法」に沿って策定された「エネルギー基本計画」では、原子力発電について、「安全性の確保を大前提に、エネルギー需給構造の安全性に寄与する重要なベースロード電源である」と位置付けています。

原子力政策

原子力施設に関する法律

原子力施設は、事項ごとに安全確保を大前提とした厳しい規制が法律で定められています。日本の原子力政策の基本方針を定めた「原子力基本法」、発電用施設の立地を促進する目的に制定された「電源三法制度」、原子力の利用が平和利用に限られ、かつ計画的に行われることを確保する「原子力施設等の安全規制」などが定められています。
原子力施設と法律

原子力損害賠償支援機構法について

東京電力福島原子力発電所事故による大規模な原子力損害を受け、

  1. (1)被害者への迅速かつ適切な損害賠償のための万全の措置
  2. (2)東京電力福島原子力発電所の状態の安定化・事故処理に関係する事業者等への悪影響の回避
  3. (3)電力の安定供給

の3つを確保するため、「国民負担の極小化」を図ることを基本として、損害賠償に関する支援を行うことを目的に制定されました。

原子力損害賠償支援機構法について

関連リンク

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • ひらめき!ピカールくん
  • 原子力発電のごみって?
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ