原子力と地域・国際社会

原子力発電所の利用にあたっては、発電所立地地域や周辺地域との信頼関係はもとより、国際的な協力が重要な役割を果たしています。

立地地域との協力

原子力発電の立地および運転にあたっては、立地地域や周辺地域との信頼関係を第一に、地域の発展のために、電気事業者、国、地方自治体の3者が一体となって、相互に連携・協力して共存共栄することが大切です。
原子力と地域社会

原子力利用国との協力関係

日本は原子力の平和利用ならびに安全の確保に積極的に取り組むとともに、今後原子力利用の進むことが予想されている開発途上国や、原子力の安全が懸念されている旧ソ連・中・東欧諸国における原子力の安全確保や平和的な利用促進に、大きく貢献しています。
原子力に関わる国際協力

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ