海外電力関連 トピックス情報

[英国]DECC、2017~2018年向けの容量市場オークションを開催する意向

2016年5月20日

 英国エネルギー・気候変動省(DECC)は2016年5月6日、2017年10月~2018年9月の供給力確保を目的として、2017年1月に容量市場オークションを開催する意向であることをオークション運営主体となる系統運用者ナショナル・グリッドに対して通達した。
同オークション開催については、DECCが2016年3月に素案を発表して以降、各利害関係者の意見を参考にしながら検討を進めていた。
この措置が検討された背景には、ここ数年の冬季予備力低下を受けてナショナル・グリッドが2014年6月から実施している追加的需給調整措置に伴う費用が年々、高額化傾向にあり、費用対効果等を勘案した結果、容量市場オークションによる供給力確保がより合理的であるとするDECCの判断があった。
同オークションでは、2014年および2015年にそれぞれ開催された4年先オークションと同水準の目標調達量が設定される予定である。
DECCによれば、2016年版の容量市場規定が議会承認を受けた時点で同オークションの実施を正式に決定するとのことである。

ページトップへ