海外電力関連 トピックス情報

[中国] 内陸部原発の立地がほぼ確定

2017年3月3日

2017年2月13日付の記事によると、国家原子能機構の関係者は、「内陸部での原子力発電所の開発について、2020年までに着工することが有望視される。
前期作業を展開しているサイトには、桃花江(湖南省)、咸寧(湖北省)、彭澤(江西省)等がある」と語った。
また、内陸部では経済発展が加速しており、エネルギー需要が絶えず増加していること、石炭火力と比較すると、原子力発電所の環境に対する影響が小さいことを考え合わせると、内陸部での開発は避けられないこととしている。

ページトップへ