海外電力関連 トピックス情報

[フィンランド] オルキルオト3号機、冷態機能試験を開始

2017年6月23日

フィンランドの原子力関連企業であるフィンランド産業電力は2017年6月12日、建設中であるオルキルオト3号機(160万kW級)の冷態機能試験を開始したと発表した。
今後、約4週間の日程で同試験を行い、秋頃には温態機能試験を実施する予定。
同機は世界初の欧州加圧水型原子炉プラントとして2005年に建設が開始されたが、数回にわたり完成時期が見直されており、現在の見通しでは2018年末までに商業運転を開始するとしている。

 

【情報提供:一般社団法人 海外電力調査会

 

<参考>[フィンランド] オルキルオトのEPR、2017年夏に冷態機能試験(2016年11月9日掲載)

 

ページトップへ