海外電力関連 トピックス情報

[米国] NRC、サウステキサスプロジェクト1、2号機の運転ライセンス更新認可

2017年10月19日

原子力規制委員会(NRC)は2017年9月28日、サウステキサスプロジェクト(STP)原子力発電所1、2号機(PWR、128万kW×2基、テキサス州)の運転ライセンス更新を認可したと発表した。
これにより同発電所のライセンスは20年延長され、それぞれ2047年と2048年までの運転が可能となった。
同発電所を運営するSTP Nuclear Operating社のデニス・コールCEOは「この節目の重要性はどれだけ誇張してもし過ぎることはない。
STPのライセンス更新は、今後何十年にもわたってテキサス州に安全でクリーンで信頼性のあるエネルギーを提供するという我々の約束の一部である」と述べている。
今回の認可により、ライセンス更新を済ませた原子炉は89基(うち3基はすでに閉鎖)となった。

 

 【情報提供:一般社団法人 海外電力調査会

ページトップへ