新エネルギー

新エネルギーとは、風力、太陽光、地熱(バイナリー発電に限る)、中水力(1000kW以下)、バイオマスなど自然環境から得られ、再生可能なエネルギーのうち、その普及のために支援を必要とするものです。新エネルギーは国産エネルギーであること、二酸化炭素(CO2)の排出量が少ないことから、エネルギー自給率の向上と地球温暖化問題への対応に優れているといった利点がありますが、投資額が高く、風力、太陽光などは自然条件に左右され出力が不安定であるほか、設置できる地点も限られているなどの欠点もあります。

新エネルギーの評価

自然のエネルギーを利用した太陽光発電、風力発電は無尽蔵でクリーンという大きなメリットをもっていますが、半面、エネルギー密度が低く、まとまった電力を得るには広大な面積を要すること、天候など自然条件に左右され、安定性に欠けるなどの問題点も抱えています。

このように新エネルギーは、エネルギー密度やコストなど、課題はありますが、それぞれの特徴を生かした分散型電源としての普及が期待されます。

代表的な新エネルギー発電

新エネルギー発電の代表的なものとして、太陽光発電、風力発電についてご紹介します。

新エネルギーへの取り組み

太陽光、風力などの自然のエネルギーを利用して発電する新エネルギーは、CO2排出量が少なく、枯渇する恐れのないクリーンなエネルギーです。安定した電源として新エネルギーを活用するには課題がありますが、電気事業者は研究開発を進めるとともに、新エネルギーの利用推進のためのさまざまな対策を講じ、積極的に導入しています。

ページトップへ