原子力災害対策重点区域の設定

原子力災害対策重点区域の設定

緊急事態の区分に警戒事態を新設し、初期対応を三つに区分した緊急時活動レベル(EAL)が設定されました。緊急事態の初期対応段階には、情報を収集し、事態を把握するとともに、放射線防護のための避難や安定ヨウ素剤の服用などについて準備や実施を判断する必要があります。このため、「施設敷地緊急事態(EAL2)」、「全面緊急事態(EAL3)」に加え、新設の「警戒事態(EAL1)」の3つに区分し、区分ごとに事業者や国・地方公共団体の役割を整理している。「警戒事態」の新設により、緊急事態に至る以前に早期に情報の収集が可能になりました。

さらに原子力災害時の対策重点区域が約30km圏内まで拡大されました。

関連リンク

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 原子力発電のごみって?
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ