原子力発電所の安全規制

法改正と原子力規制委員会の発足

2012(平成24)年9月、経済産業省から安全規制部門を分離するため、環境省の外局組織として「原子力規制委員会」が新設されました。
法改正と原子力規制委員会の発足

新規制基準の基本的な考え方

東京電力(株)福島第一原子力発電所の事故の教訓や海外の知見を反映した、原子力発電所の新規制基準が施行されました。新規制基準は、設計基準の強化と、その設計の想定を超える事象にも対応するシビアアクシデント対策の二本柱で構成されています。
新規制基準の基本的な考え方

新規制基準への適合審査

新規制基準への適合審査は、事業者からの「原子炉施設設置変更許可」「工事計画認可」「保安規定(変更)認可」申請後、段階的に原子力規制委員会が実施します。
新規制基準への適合審査

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 原子力発電のごみって?
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ