スリーマイルアイランド事故

1979(昭和54)年3月28日、アメリカのペンシルベニア州スリーマイルアイランド(TMI)原子力発電所の2号機での事故が発生しました。事故の発端は、蒸気発生器に冷却水を送り込む主給水ポンプの停止により、機器の故障や誤操作が重なり、原子炉内の冷却水が減少して、炉心の上部が蒸気中に露出し、燃料の損傷や一部の構造物の溶融に至りました。国際原子力事象評価尺度(INES)ではレベル5とされました。

関連リンク

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 原子力発電のごみって?
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ