深層防護

原子力発電所の安全確保の考え方は「深層防護」を基本としています。「深層防護」とは、何重にも安全対策がなされていることを意味します。

原子力発電所ではこの考え方に基づいて、トラブルの未然防止を第一の目標に「人間はミスを犯す」「機械は故障する」ことを前提に、人間の誤操作や機械の誤動作があっても安全が確保されることを目指しています。仮にトラブルが発生しても、トラブルの拡大を抑え、影響を最小限に止めることを目指しています。

3段階の安全対策

具体的には、次の3段階の安全対策がとられています。

  • 第1段階 異常の発生を防止する。

    原子力発電所で、第一に大事なことは、事故の原因となる異常を未然に防止することです。そのために安全上十分な余裕をもたせた設計を行い、厳重な品質管理と入念な点検と検査を行っています。

    誤操作や誤動作が原子力発電所の安全性に大きな影響を与えるものについては、「フェイル・セーフ・システム」や「インターロック・システム」を採用しています。

  • 第2段階 異常が発生したとしても異常の拡大を防止し、事故に至るのを防ぐ。

    まず、異常の早期発見が重要です。例えば、配管から冷却水が漏れるなどの異常状態をいち早く察知し、事故につなげないことです。そのために各種の自動監視装置が設けられています。異常を発見した場合には、原子炉を緊急に停止するなどの措置がとられます。

    さらに、緊急を要する異常を検知した場合にはすべての制御棒を挿入し、原子炉を自動的に「止める」設計になっています。

  • 第3段階 事故に至ったとしてもその影響を少なくする。

    さらに、念には念を入れるという考え方から、配管の破断により、冷却材が喪失するというような事故を想定し、これに備えるために非常用炉心冷却装置(ECCS)や格納容器スプレー系が多重に設けられています。万が一の事故の際には、非常用炉心冷却装置(ECCS)が働き、原子炉内部に一挙に大量の水が注入され、原子炉を「冷やす」しくみになっています。

    また、原子炉は密閉された原子炉格納容器の中に閉じ込められており、放射性物質を「閉じ込める」しくみになっています。

「異常」とは、機器の故障や運転員の誤操作、さらに地震などの災害により「通常の運転ができない状態」をいいます。「事故」とは、異常が拡大して「施設から外に放射性物質が放出される事象」をいいます。

関連リンク

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 原子力発電のごみって?
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ