JCOウラン加工工場事故

1999(平成11)年9月30日、茨城県東海村にある(株)ジェー・シー・オー(JCO)ウラン加工工場において臨界事故が発生しました。この事故は、日本で初めての臨界事故であり、ウランの核分裂反応である「臨界」状態が約20時間にわたって継続し、施設の周辺住民の避難や、施設から10キロメートル圏内の住民の屋内退避を行うに至りました。

臨界にともない発生した放射線により、現場にいた作業員が被ばくし、死亡者が出ました。この事故は、国際原子力事象評価尺度(INES)ではレベル4とされました。

関連リンク

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 原子力発電のごみって?
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ